子供の就学前に必要な学びとは

就学する前に実践したい!子どもに必要な学びって?

子どもが就学する前に

小学校は勉強以外にも、社会の基礎を学ぶ場です。 幼稚園や保育園とは違い、たくさんの人と交流を深めていかなければなりません。 そこで大切なのが挨拶や礼儀作法。 挨拶一つで友達の数も大きく変わります。 加えて鉛筆やノートの取り方など、小学校で必要とされる基礎能力を身につけましょう。

就学前の学び~礼儀作法編~

子ども持つ親ならば、小学校への入学は誰しも不安に思うものです。
自分の子どもが学校や周囲に馴染めるか、真面目に勉強に取り組めるか、どうしても気になりますよね。
小学校は幼稚園や保育園とはあらゆる面で大きく違います。
勉強が始まるのは当然ですが、自主性や協調性といった、社会で必要とされるスキルを養う場が学校です。
今までは家や幼稚園で許されていた事も、学校では許されません。
授業は一コマ40分~50分程度設けられているので、その時間中集中して先生の話に耳を傾ける、または課題に取り組むといった集中力や忍耐力も必要とされます。
今までとは全く違った生活が始まる中で、中には不安を覚えたり、勉強に追いつけなくて悩んでしまう子どもも多くいるようです。
急激な変化を与えないよう、そして勉強に苦手意識を持たせないように、就学前に何かしらの学びが必要だと思っている親は殆ど。
しかし、いざ学ばせようと思っても、一体どんなことを身に付けておくべきか分からない、なんてことないでしょうか。
就学前の子どもに必要な学びは、読み書きや数字を覚えること以外にも、色々なことを身に付けておく必要があるのをご存知ですか?
このページでは、小学校に上がる前までに身に付けておきたい習慣や学びについてあらゆる角度からアプローチし、情報をご紹介しています。
挨拶や礼儀作法、そして毎日の生活習慣の中に、学びを育むヒントが隠されているようです。
就学前の子どもがいる親御さんは、是非参考になさってください。

就学前の学び~学習~

小学校に入ると勉強が始まります。 勉強に苦手意識を持ってしまうとどうしよう…と不安に思っている親も少なくない筈。 勉強でつまづかない為に、基本的な読み書きと数字について教えておくようにしましょう。 教え方や、どこまで教えればいいのかなど、簡単ですがまとめてみました。

就学前の学び~番外編~

礼儀や鉛筆の使い方、そして読み書きだけ出来ていれば就学しても問題ないでしょうか。 実はそれ以外に必要な学びがあるのです。 どれだけ基礎が身に付いていたとしても、学習意欲が無ければ次の勉強へと繋がりません。 学習意欲の身に着け方について、ご紹介します。

TOPへ戻る